検査内容について

検査内容と所要時間及び料金等

ご承知のように現代の三大病は「脳血管疾患(脳卒中)」「心臓病」「ガン」といわれております。従来の人間ドックでは首から上の病変については十分な検査が行われておりませんでした。
脳卒中は死亡率こそは低下しつつありますが、いわゆる寝たきりの原因疾患の第一としての地位は変わりません。脳ドックによりお年寄りに限らず働き盛りの年齢でも起こりえる、くも膜下出血や脳出血の主要原因である脳動脈瘤や脳血管奇形などの脳血管病変を破裂(発症)前に発見することを可能にしました。

このような症状がある方は、脳健診をおすすめいたします。

  • 高血圧
  • 糖尿病
  • 肥満
  • 脂質異常症
  • 慢性の頭痛
  • 一過性の頭痛
  • 一過性の脳虚血発作
  • 手足の感覚障害
  • 運動マヒ
  • 顔面のケイレン
  • ご家族に脳卒中の人がいる方
(1)コース 脳MRI(断層撮影) 所要時間 約20分 12,600円
脳の断面を撮影、脳腫瘍、脳出血、脳梗塞等の有無や脳全体の加齢性変化等を評価し、各種脳疾患を未然に防ぐためのコースです。
(2)コース (1)コース+脳MRA(血管撮影) 所要時間 約30分 15,750円
1コースに加え脳動脈の硬化性変化、脳動脈が極端に細い狭窄、閉塞や、くも膜下出血の原因となる脳動脈のこぶ(動脈瘤)を評価し、脳卒中の発症を未然に防ぐためのコースです。
(3)コース (2)コース+頸部MRA(血管撮影) 所要時間 約40分 23,100円
2コースに加え頚部の動脈の極端に細い狭窄・閉塞や、頚部動脈のこぶ(動脈瘤)を評価し、脳卒中の発症を未然に防ぐためのコースです。
(4)その他 検査面談(オプション) 所要時間 約10分 3,150円
※問題となる所見が認められた場合は無料で面談をしております。

※料金は、消費税込みの価格です。

注意事項

検査できない方
心臓ペースメーカーを装着している方、心臓ステントやグラフト術等の手術をした方(8週間未満)、人工内耳の方、可動型義眼を装着している方、脳動脈瘤クリップ手術を受けた方など。特に心臓や頭部の手術を受けたことのある方や体内に金属が入っている方は、予約時にご相談ください。
検査の際の注意事項
コンタクトレンズは外して頂きます。アイシャドー(金属素材)やラメ入りの化粧品は落として頂く場合があります。

※その他、ご不明の点がございましたら、お問い合せください。

PAGE TOP